立軌会 RYUKIKAI since 1949

同人紹介 > 阿部 愼蔵
  • 1935 東京に生まれる
  • 1958 慶應義塾大学文学部哲学科卒業
  • 1958~60 パリ留学
  • 1980 立軌展招待出品 立軌会同人
    彩壺堂主催個展
    静岡松坂屋主催個展
    サヱグサ画廊主催個展19回
    ギャラリーオキュルス主催水彩画個展17回
    新生堂主催個展2回
    慶應義塾大学文学部久保田万太郎記念講座「現代芸術―詩と絵画」講師
    スターダンサーズ・バレエ公演「新作ペトルシュカ」などバレエの舞台装置・衣装デザイン担当
    「大槻鉄男詩集」「プレヴェール詩集」「林ヒロシ詩集」「長岡弘芳詩集」など装幀・挿絵
    京都新聞連載小説「旅のなかの旅」(山田稔)挿絵

自作解説のようなもの

「桃いろ座」は存在しません。溜まった記憶と夢想を捏ねあわせ、それらしく名づけたミュージック ホールです。
桃いろ座の舞台で、くにゃくにゃ、ぐねぐね、あるいはどんちゃか踊ってる幻の踊子を現実のアトリエに連れだして、本物のモデルにポーズを再現してもらいます。
逆立ちしてる踊子がいます。あれはごく普通の立ちポーズ、両手を肩より上へ挙げてもらい、僕の目を逆立ち気分にして描きました。裸の2人が絡んでるのは一人二役。
以前、モデルを2人、同時に使って絡ませたこともありますが、おもに経済的な理由で、このごろ、そういう贅沢はしてません。
今、僕のアトリエでポーズしてくれるOさんは、1962年にプールヴー・モデル紹介所から派遣されてきた最初の人から数えて119人目です。14年間続けて通ってくれた人もあり、1日きりだった人もあります。

最新の立軌展情報