立軌会 RYUKIKAI since 1949

同人紹介 > 渕上 優子
  • 1959 福岡生まれ
  • 1984 九州大学理学部生物学科卒業
  • 1988 愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業
  • 1991 サバンナカレッジオブアートアンドデザイン修士課程修了(米国ジョージア州)
    (マルコム カーティス プラップス奨学金授与)
    新任教員展 クレイプールヤングギャラリー(米国ケンタッキー州)
  • 1992 個展 べリア大学(米国ケンタッキー州)
  • 1993 個展 イースタンケンタッキー大学(米国ケンタッキー州)
  • 1997 夏の招待展 ウォルターヴィッカイザーギャラリー(米国ニューヨーク州)
  • 1998 個展 モダンアートバンクヴァルト(’00も開催、福岡)
  • 2000 個展 ガレリアキマイラ(東京)
  • 2003 ファクトリー21展 愛知県美術館ギャラリー(以降毎年)
  • 2004 個展 メタルアートミュージーアム光の谷(千葉)
  • 2010 上海アートフェア 上海世貿商城(上海)
  • 2011 個展 みるめ (’12,’13,’14,’15も開催、東京)
  • 2014 個展 ニッチギャラリー(’17も開催、東京)
  • 2016 個展 ギャラリーブロッケン(東京)
    立軌展 東京都美術館
  •  
  • 現在  立軌会同人、和洋女子大学非常勤講師
  •  イブシリーズはここ十数年取り組んできた貝のシリーズに加えて、近年始めたものです。螺旋にベールを巻いた女性のフォルムが巻貝を連想させたことが始まりでした。
     「モデルは?」とよく尋ねられるのですが、実は人種を混合させたりして特定の個人にならないように気を付けています。イブとはミトコンドリア・イブからとったもので、遺伝学的に人は皆つながっているという視点です。
    インスピレーションを与えてくれるのは実在の人物なのですが、私が受け取ったものを色と形として画面に置いたとき、新たな像が立ち上がることを目指しています。

最新の立軌展情報