立軌会 RYUKIKAI since 1949

同人紹介 > 大庭 英治
  • 1950 宮城県白石市生まれ
  • 1974 東京藝術大学美術学部卒業
  • 1976 東京藝術大学大学院美術研究科修了
  • 1977 フランス政府給費留学(国立マルセイユ高等美術学校に学ぶ)’81年帰国
  • 1979 個展 ヌーヴェルギャルリー(仏)
  • 1983 個展 みゆき画廊(’85. ’87. ’90. ’93年も開催)
  • 1988 個展 ムゼウムドルフ(独)
  • 1994 個展 Bunkamuraギャラリー(5周年記念企画)
  • 1996 個展 日本橋髙島屋コンテンポラリーアートスペース
  • 1999 個展 日本橋髙島屋美術画廊(’01. ’05. ’08. ’11. ’15年も開催)
  • 2001 色と形と ギャラリーエモリ
  • 2004 ANEMOS展 ギャラリー和田・小林画廊(’08年まで)
  • 2005 三人展 ギャラリーTogeisha(’06. ’07. ’08年も出品)
  • 2009 あべせ(ABC)の会 日仏会館(’10. ’11. ’12. ’13. ’14. ’15. ’16. ’17年も出品)
    稜の会 日本橋髙島屋美術画廊(’10. ’11. ’12. ’13. ’14. ’16. ’17年も出品)
  • 2010 輪の会 高輪画廊(’11. ’12. ’13. ’14. ’15. ’16. ’17年も出品)
  • 2011 KAOS展 日本橋髙島屋美術画廊
  • 2012 ハート展 日本橋三越新館7Fギャラリー
  • 2013 ギャラリームサシ(’14、’15、’16、’17年も出品)
  • 2014 高輪画廊
  • 2015 ギャルリ・ サロン ド S (’17年も開催)
  • 2016 リーヌ展 埼玉画廊(’17年も出品)
    個展 ギャラリー絵夢(開廊30周年記念企画)
  • 2017 個展 ぎゃらりいサムホール
  • 現在 立軌会同人 日本大学芸術学部教授

 「オオバエイジ」から「オオスギ(多過ぎ)エイジ」に名前を変えたら…と入江観先生から冗談まじりに言われたことがある。たしかに個展やグループ展など発表する機会が多く、つねに展覧会をやっているイメージがあるからだと思う。
  僕は展覧会の誘いがあると、基本的には断らない。というのは、与えられたチャンスは大事にしたいのと、断るのは声をかけてくれた方にとても失礼だと思っているからだ。そして、もうひとつ。かつて個展を勧められたとき、自分の都合で時期を変えて欲しいとお願いしたら、それから二度と声をかけてもらえなくなったり、参加していたグループ展に出品を遠慮して欲しいと画廊から突然断られたこともあったからだ。そのときの淋しさは今も忘れられない。それ以来、発表のチャンスなんて簡単になくなるものだと思うようになった。
 というわけで、これからも展覧会のお誘いがあれば、いつでも喜んでお受けしようと思っている。幸い体調も良いので、当分は入江先生から拝命した「オオスギエイジ」を誇りに思いながら発表を続けていきたい。

最新の立軌展情報