立軌会 RYUKIKAI since 1949

同人紹介 > 志村 節子
  • 東京に生まれる
  • 1967 東京藝術大学油画科卒業 ’70 同大学院修了
    女流画家協会展に毎回出品(受賞5回)
  • 1972〜’75年 フランス政府給費留学生として渡仏 パリ、エコール・デ・ボザールに学ぶ
  • 1976 個展(サヱグサ画廊) 昭和会展に招待出品(日動画廊’86まで10回出品)
  • 1980 立軌会展、以後毎年出品
  • 1983 個展(資生堂ギャラリー)
  • 1984 日本青年画家展(日本橋・三越、〜1988年まで毎年出品) 現代女流美術展(上野の森美術館)
  • 1985〜’86年 現代形象展(埼玉県立近代美術館ほか)
  • 1986〜’98年 女流画家展(日本橋髙島屋) 朝日新聞 黒井千次・「北向きの窓から」エッセイ挿画担当
  • 1988 志村節子展―奏であう色と形―(西武アートフォーラム主催)
  • 1991 読売新聞 黒井千次連載小説「捨てられない日」挿画担当 第34回安井賞展(セゾン美術館)
  • 1993 個展および新聞小説挿画原画展(日本橋髙島屋)
  • 1994 朝日新聞 山田風太郎エッセイ「あと千回の晩飯」挿画担当
  • 1995 日本テレビ「美の世界」作品紹介・インタビュー
  • 1996 個展(夢土画廊)
  • 1998 個展および朝日新聞挿画原画展(日本橋髙島屋)
    「現代の精鋭作家たち展」(安田火災東郷青児美術館ほか)
  • 2000 志村節子展(銀座光画廊) NHK「土曜美の朝」作品紹介・インタビュー
  • 2002 志村節子絵画展 ―風のかたち・刻のかたち―(銀座和光ホール)
  • 2004 志村節子展 ―空間を浸蝕する線描の軋み―(菅原猛氏企画 色彩美術館)
  • 2006 個展(日本橋髙島屋) 文化庁派遣芸術家在外研修員として渡仏
  • 2011 「描かれた花」展(韮崎大村美術館)
    「明日の友」(婦人之友社) 表紙担当
  • 2012 志村節子展(日本橋髙島屋)
  • 2016 志村節子ドローイング展
    ―眼を閉じて色と光を視る―(銀座・井上画廊)
  • 現在  立軌会同人 女流画家協会委員
最新の立軌展情報