magosaki_kanna

  • 1979 東京都生まれ
  • 2005 武蔵野美術大学大学院修了
    個展 ガレリア・グラフィカbis(以降’06 ’07 ’12 ’14 ’16)
  • 2008 dopodomani 展 銀座井上画廊(以降’10 ’11 ’12 ’13)
    APEFの推薦により、パリ国際芸術都市のアトリエに入居。
    滞在中、創作活動に従事する(~2010 年まで)
  • 2009 個展 Cité Internationale des Arts Galerie(仏)
    東京コンテンポラリーアートフェア(ガレリア・グラフィカ)
  • 2011 帰国
  • 2013 Small Works 展 ガレリア・グラフィカbis(以降’15 ’17)
  • 2015 Sei Oggi 展 みゆき画廊(以降’16 うしお画廊)

fuchigami_yuko

  • 1959 福岡生まれ
  • 1984 九州大学理学部生物学科卒業
  • 1988 愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業
  • 1991 サバンナカレッジオブアートアンドデザイン修士課程修了(米国ジョージア州)
    (マルコム カーティス プラップス奨学金授与)
    新任教員展 クレイプールヤングギャラリー(米国ケンタッキー州)
  • 1992 個展 べリア大学(米国ケンタッキー州)
  • 1993 個展 イースタンケンタッキー大学(米国ケンタッキー州)
  • 1997 夏の招待展 ウォルターヴィッカイザーギャラリー(米国ニューヨーク州)
  • 1998 個展 モダンアートバンクヴァルト(’00も開催、福岡)
  • 2000 個展 ガレリアキマイラ(東京)
  • 2003 ファクトリー21展 愛知県美術館ギャラリー(以降毎年)
  • 2004 個展 メタルアートミュージーアム光の谷(千葉)
  • 2010 上海アートフェア 上海世貿商城(上海)
  • 2011 個展 みるめ (’12,’13,’14,’15も開催、東京)
  • 2014 個展 ニッチギャラリー(’17も開催、東京)
  • 2016 個展 ギャラリーブロッケン(東京)
    立軌展 東京都美術館
  •  
  • 現在  立軌会同人、和洋女子大学非常勤講師
  •  イブシリーズはここ十数年取り組んできた貝のシリーズに加えて、近年始めたものです。螺旋にベールを巻いた女性のフォルムが巻貝を連想させたことが始まりでした。
     「モデルは?」とよく尋ねられるのですが、実は人種を混合させたりして特定の個人にならないように気を付けています。イブとはミトコンドリア・イブからとったもので、遺伝学的に人は皆つながっているという視点です。
    インスピレーションを与えてくれるのは実在の人物なのですが、私が受け取ったものを色と形として画面に置いたとき、新たな像が立ち上がることを目指しています。

shitara_suguru

  • 1985 埼玉県生まれ
  • 2007 日本大学芸術学部美術学科卒業
  • 2009 日本大学大学院芸術学専攻科造形芸術専攻修了
  • 2012 設楽俊展 (みゆき画廊)
  • 2014 第49回 昭和会展 優秀賞 (日動画廊)
    設楽俊 絵画展 (成城さくらさくギャラリー)
    大山智子 設楽俊 二人展 (みゆき画廊)
    N+N展2014 油絵の魅力 美しい いろ かたち マティエール
                   (練馬区立美術館)[ ’10’11’13’]
  • 2015 設楽俊 油彩画展 (埼玉画廊)
    第50回昭和会展 (日動画廊)
    太陽展 (日動画廊) [’16 ’17]
    設楽俊展(ギャルリィ サロン ド・エス)
    構成と色彩   (埼玉画廊) [’16]
    江古田の実   (高輪画廊)   [’16]
  • 2016 昭和会展受賞記念 設楽俊展 (日動画廊)
    立軌会同人となる
  • 2017 アートフェア東京2017 設楽俊展 〈白い部屋〉 (埼玉画廊ブース
    大山智子 設楽俊 張麗寧 3人展 (うしお画廊)
    パリ祭展 (高輪画廊)
    設楽俊 Le monde de Bleu <青の世界> (埼玉画廊)
    日動展 (日動画廊)

 中学生の頃、座学が苦手で絵を描いていた方が良いという理由で美術科のある高校を受験するも失敗し、普通科の高校に進学した。大学受験は東京芸術大学始め各大学を受験するも日大芸術学部のみの合格で、予備校講師には浪人するよう勧められたが、日大に進学した。
学部生時代は北海道、東北地方、伊豆半島などバイクで周り、制作もそこそこに遊んで過ごしていた。3年次後半にもう少し制作に熱を入れておけばよかったと後悔した。教職をとるも気持ちが向かずに、絵が描きたいという思いが強くなった。画廊や美術館にそれまで以上に足を運んだ。
就職せずに大学院へ進学し日々の生活が一変した。同期の張麗寧と共に今後の事や作品の話、素材研究等、前向きに取り組めた。
 学部、院生時代共に、星守雄先生 酒井信義先生 同人の山本治先生 大庭英治先生 福島唯史先生の美しい いろ かたち マティエールの作品に触れ、油絵の具の素材感や発色を楽しみなが制作できるようになった。
同期と先生に恵まれ今がある

ishiyama_kazuhiko

  • 1948年 福島県会津若松市生まれ
  • 1973年 東京芸術大学油画科卒業 サロン・ド・プランタン賞受賞
  • 1975年 同大学院修了(田口安男教室)
  • 1982年 荒地の会展(若井画廊 ’83 ’84)
  • 1983年 個展(みゆき画廊)
  • 1987年 宇都宮美術の現在展(宇都宮美術館 ’03 ’07 ’14)
  • 1999年 個展(ギャラリー・アートもりもと ’02 ’06 ’09 12 ’16)
  • 2004年 文星芸術大学美術科油画科専攻教授(~’15)
  • 2005年 個展(喜多方市美術館)
  • 2008年 オーロ遊び展(アートスペース泉)以後毎年出品
  • 2012年 六つの方位展(清澄画廊 ’13 ギャラリー・アートもりもと ’14 ’15 ’16)
  • 2016年 立軌展