カテゴリー別アーカイブ: member

yamamoto_osamu

  • 1946 神戸生まれ
  • 1971 東京芸術大学油画科卒業(小磯教室)
  • 1973 東京芸術大学大学院修了(田口教室)
  • 1977 新制作展(~86年)
  • 1978 関西新制作新作家賞
  • 1984 個展(みゆき画廊)85、87
  • 1987 昭和会展 ~89
  • 1991 個展(銀座、六義園画廊)〜93
  • 1994 「両洋の眼」展(三越)~99
  • 1996 「們の会」(名古屋、神田画廊)〜2011
  • 2000 色と形と(江守画廊)〜2002
  • 2003 アネモス展(ギャラリー和田)
  • 2005 個展(ギャラリー喜久田)〜2012
  • 2007 立軌会同人に推挙される
  • 2008 「両洋の眼」展(三越)
  • 2010 輪の会(高輪画廊)
  • 2012 個展(ギャルリ・サロン ド エス)
  • 2015 三人展(ギャルリ・サロン ド エス)
  • 2017 二人展(鎌倉ドローイングギャラリー)
    その他グループ展個展多数

yamato_syuji

  • 1938 東京生まれ
    武蔵野美術学校卒
    元 独立展出品(9回)
         選抜展
    セントラル絵画館、ギャラリームサシ、銀座松屋、新宿小田急、横浜そごう等々、
    全国の画廊・デパートにて企画67回個展、グループ展多数
    現代洋画精鋭選抜展金賞
    小磯良平大賞展入選
    立軌会同人

yamada_yoshihiko

  • 1940 東京に生まれる
  • 1964 東京藝術大学卒業(林武教室)
  • 1966 東京藝術大学大学院修了(牛島憲之教室) 同大学に勤務~’69
  • 1969 フランス政府給費留学生としてマルセーユ芸術建築学校(ビュッス教室)に学ぶ
    グループ十騎会(髙島屋)に参加、以後2015年まで毎年出品
  • 1972 国際形象展(三越)第11回展に招待出品 以後第25回最終展まで毎年出品
    髙島屋にて初個展 以後2005年まで同店での個展6回
  • 1974 上野の森85年歩み展に招待出品
  • 1981 富山県立近代美術館に作品「砺波」所蔵
  • 1983 富山を描く―100人100景展(富山県立近代美術館)招待出品
  • 1987 「山田嘉彦画集」刊行(求龍堂)
    「斎藤豊作と日本の点描展」(埼玉県立近代美術館)に招待出品
  • 1992 日本洋画再考展(東京都庭園美術館)に招待出品
  • 1993 日本テレビ「美の世界」に出演、作品紹介される
  • 1994 中野区立もみじ山文化センターに作品所蔵
  • 1998 ヤマハカレンダーに作品使用される
  • 2005 個展(髙島屋)
  • 2011 個展(日本橋三越本店、岩田屋三越、JR大阪三越伊勢丹)
  • 2015 個展(髙島屋)
  • 現在  立軌会同人 東京学芸大学名誉教授

 

バラバラでいっしょ

 立軌会の集りで、会名の立軌の意味について話題になった、大方の意見をまとめると、「己れの道を歩み、それにより自己を深め確立すること」と言うような意味であることがわかった。
 同人は各々個性を持った独立独歩の画家であり、本来相容れないものである。一方では作風の差異を認めながら、会の為に一緒の行動をとる。まさに相反するバラバラと一緒が共存している。これこそが立軌会であるような気がする。

miura_tomoko

  • 1961 東京藝術大学油画科(林武教室)卒業 独立美術協会展出品
  • 1962 独立選抜第2回展出品及び独立美術協会展出品(旧姓 鶴田)
  • 1963 東京藝術大学美術学部専攻科修了
  • 1963~65 イタリア(ローマ)へ留学
    ギリシャ・エジプト及び地中海沿岸の国々や島等の古代遺跡、ローマ・ギリシャの初期キリスト教遺跡やビザンチンの古寺、スペイン・フランスのロマネスクの古寺等を旅す
  • 1966~67 結婚、夫三浦公亮とNASAラングレー研究所に滞在、メキシコ、ユカタン半島のマヤ遺跡を訪ねる
  • 1968・69 女流画家協会展出品(以後三浦智子にて作品発表)
  • 1975 女流画家協会展に再び出品(2001年まで)
  • 1981 サヱグサ画廊にて個展
  • 1985 女流画家協会展にて奨励賞(リキテックス賞)受賞
  • 1987 女流画家協会展にてY夫人賞受賞 会員となる
  • 1989 みゆき画廊にて個展
  • 1991 サヱグサ画廊にて個展
  • 1993 みゆき画廊にて個展
  • 1995 みゆき画廊及び花の木画廊にて個展(画集出版)
  • 1999 立軌展招待出品 みゆき画廊にて個展
  • 2001 立軌会同人となる
  • 2002 みゆき画廊にて個展
  • 2005 みゆき画廊にて個展
  • 2008 gallery art pointにて個展
  • 2009,2014 光画廊にて個展
  • 2013 ぎゃらりいサムホールにて個展
  • 2015 アトリエ須田(須田先生の旧アトリエ)にて作品展
  • 2016 ギャラリーあずまにて個展

こゝしばらく「古に悠う」というテーマで制作して参りましたが、このたびより「歳月を紡いで」というテーマで、私なりの心の世界を描いて参りたいと、願っております。
画学生時代に「絵は模索だよ。分って描いているうちはだめだよ。」という山口薫先生のお言葉は今でも忘れることが出来ません。
旅をし、本を読み、音楽を聴き、そして画布に向かい、ひたすらに模索すること、その大切さを気付かせていただいたこと、とても感謝いたしております。

matsuda_tamaki

  • 1949 北海道弟子屈に生まれる
  • 1976 愛知県立芸術大学大学院修了 修了制作大学買上
  • 1977 第1回日洋展出品〜’86 日洋賞受賞
  • 1977、’78 愛知県立芸術大学非常勤講師
  • 1980 個展(札幌 丸井今井百貨店)
  • 1981 函館大中山中学校壁画制作
    杜の会展(大坂梅田近代美術館)
  • 1985 和の会(銀座 和光)〜’87
  • 1987 共立女子大学非常勤講師 〜’16
  • 1990 ニューアーティストウェイブ展(東京美術倶楽部)〜’91
  • 1995 個展(名古屋画廊、大阪梅田画廊、ギャラリー和田)
  • 1996 光の会(銀座 和光)〜’10
  • 1998 第8回タカシマヤ美術賞受賞
    個展(名古屋画廊、大阪梅田画廊、ギャラリー和田)
  • 1999 サロン・ド・ジエ(柳画廊)〜’07 サロン・ド・ルム(表参道 ギャルリーEMORI)
  • 2004 桃花の会展(東京・大阪・京都・名古屋 髙島屋)〜’12
  • 2005 八章会展(横浜髙島屋)〜’09
  • 2007 21世紀展(東京・大阪・京都・名古屋・金沢 東京美術倶楽部)〜’12
  • 2008 個展(日本橋三越、ギャラリー和田)
  • 2009 個展(名古屋 神田画廊)
  • 2010 個展(銀座 ギャラリー和田)
  • 2011 個展(日本橋三越、大阪三越)
  • 2012 個展(福岡三越)
    6月の会(ギャラリーゴトウ)~’16
    個展(佐賀玉屋)
    個展(銀座 ギャラリー和田)
  • 2013 個展(名古屋 神田画廊)
  • 2014 個展(銀座 ギャラリー和田)
  • 2016 第1回創と造展(東京美術倶楽部、他五都美術倶楽部)
    個展(銀座 ギャラリー和田)
  • 現在  立軌会同人

masuda_tatsuo

  • 1934 東京に生まれる
    小学校の頃 飯島一次先生の写生を見て興味をいだき中学生の時に画家を志す
  • 1958 東京芸術大学油絵科(林武教室)卒業
    在学中の牛島憲之先生に絵を真正面から描く姿勢を教わる
  • 1960 文藝春秋画廊個展
  • 1962 現代日本美術展(毎日新聞社主催)コンクール部門入選「白い馬」
    63年にかけて渡欧(ドイツ、ベルギー、オーストリア、オランダ、フランス、イタリア、スペイン)
  • 1963 ニューヨークに渡り、アート・ステューデント・リーグで彫刻を学ぶ
  • 1964 帰国
  • 1965 立軌展に招待出品
  • 1966 立軌会々員、以後毎年出品
  • 1970 日動画廊個展
    フランス旅行、ロマネスク古寺巡礼
  • 1971 夢土画廊個展
  • 1973 国際形象展に招待出品、以後毎年出品
    イタリア旅行
    世田谷区主催第3回世田谷美術展出品
    以後毎回出品
  • 1974 サヱグサ画廊個展
  • 1984 桝田達雄近作展(フジカワ画廊)
  • 1985 立星会展第7回展(フジカワ画廊主催)より毎回出品
  • 1987 世田谷区民館にてミニ個展
    ギリシャ、スペイン、イタリア、イギリスを旅行
  • 1989 桝田達雄近作展(フジカワ画廊) 図録
  • 1995 フランス旅行
  • 1996 第一画廊個展(名古屋)
  • 1997 フランス旅行
  • 1998 紀伊國屋画廊個展 図録(私家版20部)
  • 2005 フランス旅行
    紀伊國屋画廊個展 図録
  • 2006 ミウラアーツにて個展
  • 2007 ミウラアーツにて個展
  • 2008 ミウラアーツにて個展
  • 2009 フィレンツェ、アレッオ、サン・セ・ポロクロに旅行
  • 2010 ミウラアーツにて個展
  • 2011 ミウラアーツにて個展
  • 2013 ミウラアーツにて個展
  • 2015 ミウラアーツにて個展

 

新しい出発

 いつのまにか、七十回を迎えて、私も立軌会に、五十回以上出品したことになります。
 座談会でも言ったことですが、自分の絵を描くことに、夢中です。
 アトリエを小さくすることとなり、今一度デッサンから、自分の絵を考えるつもりです。絵が成立する最小の単位として、私は、四角の平面、その四角の中の線、調子が生みだす面として色面の構成を考えます。
 今回は、デッサンと水彩の三点を出品しますが、その心づもりで描いてみました。描き出すと、白と黒のデッサンは、無限の変化と、深い力がある様で、アトリエが出来るまで、続けたいと思います。

maekawa_suzuko

  • 1964 東京芸術大学油画科卒業
  • 1966 東京芸術大学大学院修了
  • 1967 個展(竹川画廊)
  • 1979〜2010 アカンサス展 32回展迄毎年(文藝春秋画廊)
  • 1988〜1995 五彩展(5回展迄) サヱグサ画廊 東京セントラル絵画館
  • 1997、2000、2003 個展(みゆき画廊)
  • 1999 個展(青山学院大学企画)
  • 1999〜2001 美術体質な華たち展(ギャルリーEMORI)
  • 2005、2008、2011、2014、2017 個展(光画廊)
  • 2011 「前川寿々子作品集」刊行(求龍堂)
  • 2012 現代美術の楽園(セゾン現代美術館)
  • 2012~2017 央展(銀座ギャラリームサシ)
  • 2015~ 4月の風(兜屋画廊)
  • 2017~ ペティヨン展(銀座ギャラリームサシ)

 

作品収蔵

青山学院大学 セゾン現代美術館

 

画室にて

絵にはいろいろの方向がある。
私はインスピレーションを感じた現実を頭の中で又スケッチブックの中で一枚の絵にしてゆく。
好きな型、色彩が決まって来る。
複雑なものの中にある明確なものを探してゆきたいと思っている。
「芸術の目的は物の隠された意味を形象化することであり、物の外観を形象化することではない。」という言葉に共感を覚える。

fujita_kiyotaka

  • 1936年 鹿児島市生
  • 芸大卒・同大学院修了

メキシコ、ニューヨーク留学
S・Wギャラリー作品展(USA)、光風会、日洋展、日本・メキシコ交流展、
日・メキシコ エル・ソル展、日米イメージ交流展、日仏コンテンポラリーアート展(招待)
個展、グループ展等

現在 名古屋造形芸術大学名誉教授 彩西美術展代表(埼玉)

fukushima_tadashi

  • 1967 東京に生まれる
  • 1989 日本大学芸術学部美術学科卒業
  • 1992 昭和会展招待出品(日動画廊)[~’94]
  • 1994 第29回昭和会展日動美術財団賞受賞
  • 1997 福島唯史展(日動画廊 東京/名古屋)
  • 1998 前田寛治大賞展出品(日本橋髙島屋/倉吉博物館)[以降’01 ’04]
  • 1999 立軌展招待出品(銀座、東京セントラル美術館)[〜’00]
    和の会招待出品(銀座、和光)[~’01]
  • 2001 立軌会同人となる
  • 2002 日本現代洋画の精鋭(笠間日動美術館)
  • 2005 埋み火展(銀座、ギャラリー和田/名古屋、さいとう画廊)[~’06]
  • 2006 福島唯史個展(銀座、光画廊)
    Salon de Kazu(銀座、ギャラリー和田/大阪、ギャラリー小林/ほか金沢、福岡を巡回)[~’10]
  • 2007 福島唯史展(日動画廊)
  • 2010 N+N展 春の嵐:日藝美術出身の若手作家たちの今(練馬区立美術館)
  • 2011 明日への希望 昭和会受賞作家選抜展(笠間日動美術館)
    福島唯史展“PARIS-MAROC”(日動画廊)
    フルーリ展(成城さくらさくギャラリー)[〜’13 ’16]
  • 2012 6月の会(銀座、ギャラリーゴトウ)[〜’16]
    Take Five展(鎌倉、ギャラリー壹零參堂)[〜’16]
  • 2013 央展(銀座、ギャラリームサシ)[以降毎年]
  • 2014 N+N展 油絵の魅力 うつくしい いろ・かたち・マティエール(練馬区立美術館)企画担当
  • 2015 6人のフォルム(銀座、兜屋画廊)[〜’17]
    構成と色彩展(川口、埼玉画廊)[以降毎年]
    江古田の実(銀座、高輪画廊)[〜’16]
  • 2016 ヨーロッパ風景画紀行(笠間日動美術館)
    福島唯史展“GRIS CHIC”(日動画廊)
  • 2017 3つの個性(銀座、ギャルリ・サロンドエス)
  • 現 在 立軌会同人、日本大学芸術学部教授

nogami_kunihiko

  • 1943 富山生まれ
  • 1962 富山県立富山中部高校卒業
  • 1968 日本大学芸術学部美術学科卒業(最優秀賞)

 

受賞歴

  • ・日大芸術学部卒展(最優秀賞)・富山県展県展賞(1968)
  • ・ジャパン大賞H賞(1989)・ジャパン大賞佳作賞(1992)
  • ・人間賛歌大賞入賞(1989)・土日会M氏賞(’87 ’95 ’97)
  • ・国際美術大賞展金賞(1992)

 

出品展覧会

  • ・毎日現代日本美術展・セントラル油絵大賞展・ジャパン大賞展・人間賛歌大賞展・日仏現代美術展
  • ・上野の森美術館大賞展・オギサカ大賞展・伊藤廉賞展・朝日A展・日韓現代美術展(ソウル)
  • ・独立美術展(元会友)・土日会展・藹々会展・アヴァンテ展・・オリーブ会展・立軌展 他

 

報道

  • ・北日本新聞「鑑賞席」 ・朝日新聞「東京物語」 ・中国放送テレビ「被爆者を描く」他

 

海外取材

  • ・中国(1970日中国交回復前)、スペイン・フランス(1987~88)、韓国(2000)
  • ・イタリア(2016)、スペイン(2017)

 

個展

  • ・紀伊国屋画廊(6回)、文藝春秋画廊(3回)、たましんギャラリー、ギャラリーことのは
  • ・富山、名古屋、立川、八王子等、他グループ展多数

 

現在

  • ・立軌会同人・土日会会員・日本美術家連盟会員